たのしく賢くなれる本「ぼくらはガリレオ」板倉聖宣

科学に興味(きょうみ)があって〈科学関係の大学に進みたい〉とか〈科学に関わる仕事につきたい〉と考えている人も多いでしょう。
その人たちに、とてもおすすめの本があります。

 板倉聖宣著「ぼくらはガリレオ」岩波現代文庫(小さめの本)
です。

ぼくらはガリレオ

 

今は出版されていませんが、図書館には、普通の本のサイズで、こういう本が置かれているかもしれません。中身は一緒です。

ぼくらはガリレオ2

 

この本は、何しろ名作です。

3人の子ども達と先生とのお話しの中で、ガリレオ・ガリレイという科学者が、どの様に科学の法則を発見して、それを確かめていったのかが、わかる様になっています。

ただわかるだけではなく、なにしろたのしくわかる様になっています。

科学と関係のない仕事につくという人たちにも、おすすめしたい本の一つです。

あわせて読みたい